エイジングケアに向いている美容液の選び方

女性

若々しい肌には潤いが必要

婦人

保湿成分で選ぶ

若々しい肌だと思われたいなら、たっぷりの保湿成分を与えて、ハリや弾力を失わないようにしなければなりません。加齢により、肌内部のヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が徐々に失われていくので、市販のエイジングケア美容液で補給する必要があります。保湿成分で有名なヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、水分を保持する効果があり、1グラムにつき、およそ6リットルもの保水力を持っています。エイジングケア美容液に配合されていることが多いのは、その高い保水力により、つけるだけで肌にハリや弾力を与えられるからです。年齢が高くなるにつれ、少しずつお肌から減少していくものなので、乾燥しやすい肌の人はエイジングケア美容液で補給するようにしてください。表皮の角層に含まれているセラミドには、お肌に潤いを与えたり、バリア機能を高める働きがあります。不足するとかさつきやすくなったり、ニキビなどが出来やすい肌になってしまうので、足りない場合はエイジングケア美容液で与えるようにしましょう。また真皮層にあるコラーゲンも、加齢により不足しがちな成分なので、エイジングケア美容液で与えた方が良いでしょう。コラーゲンはたんぱく質の一種で、お肌のハリや弾力を保つ働きがあるので、不足するとたるみやすい肌になります。しわやほうれい線も出来やすくなるので、エイジングケア美容液で補給するようにしてください。潤いたっぷりの若々しい肌をキープしたい方は、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分が入ったエイジングケア美容液を使うことをおすすめします。